審査のスピード

未分類

キャッシングサービスは銀行のカードやクレジットカードでも利用できますが、時間がかかるのが難点です。予定にない出費が発生する場合は急である事が多く、審査の通過を待つことができません。その場合に役立つのが消費者金融です。多くの消費者金融が即日でのキャッシングをアピールしています。

インターネットその審査も来店不要で申し込める所が多く、インターネットから必要事項を入力すれば即審査を開始してくれます。勿論審査なので必ず借りられるわけではありませんが、消費者金融は銀行ほどは審査が厳しくなく、定期的な収入があればアルバイト・パート勤務でも借りれらる可能性があります。

申し込みからキャッシングまでのスピードの目安としては、勿論店舗や申込者の収入状況により差がありますが、午前中に申し込んで夕方にはキャッシングできる事もあります。来店なら更にスピード審査で、1時間以内のキャッシングが可能な場合もあります。

消費者金融の特徴は年中無休で営業している店舗が多い事です。時間も夜遅くまで営業している事が多く、正月やゴールデンウィーク中に急な出費があった時でも利用できます。返済も機械から簡単に行える場合が多く、利用者にとってはとてもありがたい存在です。

銀行ローンとの違い

未分類

消費者金融のカードローンと銀行のカードローンは同じと捉えられる事が多いのですが、法律の観点から見ると全くの別物です。消費者金融は貸金業法に基いていて、一方銀行は銀行法に基いて運営されています。貸金業法には総量規制がありますが、銀行法にはそれがありません。とは言っても、個人では規制に触れるほど高額を借りるケースは住宅ローン以外は考えにくいため、法律を意識する事はあまりないでしょう。

審査消費者金融のメリットは、即日キャッシングと呼ばれる融資のスピードです。また店舗によっては土日祝日も審査を行っている場合があります。必要な時にすぐ借りられる事が消費者金融のメリットでしょう。但しその分、利息が銀行より高く設定されています。消費者金融の場合、100万円以下の借り入れなら一般的に利息18.0パーセントが適用されます。銀行は店舗により違いはありますが、それより数パーセント低くなる事が多いです。

しかし銀行は審査が遅く、早くても数日かかります。最近は銀行の審査もスピードが上がっているようですが、それでも消費者金融には敵いません。どうしてもすぐにお金が必要な場合、消費者金融の即日キャッシングが助けになります。気になる利息ですが、消費者金融も店舗によっては早めの返済で利息が安くなるパターンや、一定期間内の返済なら利息が付かない場合もあります。返済プランを明確にしての利用なら、消費者金融は生活の助けとなります。

即日キャッシングとは

未分類

家族が急病で入院してしまったり、急な接待で費用の建て替えが必要だったり、突然現金が必要になるケースがあると思います。普段からそういった時に備えて幾らかの現金を手元に残しておけたらいいのですが、難しい場合もあるでしょう。そういった時はどこかからお金を借りる事になります。銀行やクレジットカードなどどこかの金融会社からお金を借りる場合は当然ですが審査があります。これには早くても数日、平均で一週間から10日はかかります。仕方ない事ですが、すぐに現金が必要な時は困ってしまいます

即日キャッシング急いで現金が必要な時に役立つのが消費者金融です。消費者金融は銀行やクレジットカードに比べて審査が早く、急な出費に役立ちます。消費者金融と言うと金利が高い、返済に苦労するといったマイナスのイメージを抱く人も多いですが、返済計画をきちんと立てた上で利用するならとても便利です。金利も早めに返済すれば銀行より割安になる場合もありますし、店舗自体が年中無休で営業している事も多いので休日でも利用できます。最近はインターネット上の申し込みで来店不要、即日で指定口座に現金振り込みをしてくれるサービスもあります。

勿論審査があるので、誰でも必ず借りられるわけではありません。しかし10万単位の金額なら定期的な収入があれば審査をクリアする事も可能で、所定の時間までに審査結果がおりれば、アルバイトやパート勤務でも借りられる可能性があります。多くの消費者金融が即日キャッシングのサービスを行っていますから、急な現金が必要で困った時は利用するのもおすすめです。

1週間無利息キャッシング【ノーローン】なら、所定の時間までに審査結果がお伝えできた場合には、その日のうちに指定口座へご希望の金額をお振込みします。

当サイトでは、消費者金融と銀行ローンの違いなどについて紹介します。参考にしてみてはいかがでしょうか。